Loading...
シチリアの小さな村にある森のはずれで、13歳の少年ジュゼッペが突然、姿を消した。思いを寄せていた同級生のルナは、謎だらけの失踪を受け入れられず、なぜか周囲の大人たちが口をつぐむなか、懸命に彼の行方と失踪事件の真相を追う。そして、不思議な湖にある入り口から、彼を飲み込んでしまった闇の世界へと下ってゆく。彼女をこの世界に戻せるのは、二人の不滅の愛だけ―。美しいシチリアの自然の風景とともに描かれる、人間の残酷さ、純粋な心の強さ。1993年にシチリアで起きた凄惨な事件が紡ぐ、美しくも切ない幻想的な恋物語が誕生した。
2017年カンヌ国際映画祭批評家週間のオープニング作品に選出され、イタリア・アカデミー賞脚色賞をはじめ、イタリアの主要映画賞を多数受賞。批評家の評価も高く、米映画批評サイトRotten Tomatoesでは94%の大絶賛!監督・脚本は、デビュー作『狼は暗闇の天使』が2013年カンヌ国際映画祭批評家週間でグランプリに輝いたファビオ・グラッサドニアとアントニオ・ピアッツァのコンビが務める。また、撮影を『グレートビューティー/追憶のローマ』のルカ・ビガッツィが担当し、シチリアの光と闇を驚異的で豊かな映像で映し出し、魔法にかけられたような幻想的な世界へと観客を誘う。 ジュゼッペを救うために奮闘する少女ルナには、凛とした表情で意志の強さを感じさせるユリア・イェドリコヴスカ。悲劇の少年ジュゼッペには、『君の名前で僕を呼んで』のティモシー・シャラメに負けず劣らずの美少年ガエターノ・フェルナンデス。互いに映画デビュー作ながら、純粋な心の強さをもった少年少女をみずみずしい魅力いっぱいに演じきった。
シチリアの小さな村で、13歳の少年ジュゼッペが突然、姿を消した。彼に思いを寄せていた同級生の少女ルナは、謎だらけの失踪を受け入れられず、村の誰もが従う沈黙の掟に抗ってゆく。
ジュゼッペを探すため、ルナは不思議な湖にある入り口から、彼を飲み込んでしまった闇の世界へと下ってゆく。彼女をこの世界に戻せるのは、二人の不滅の愛だけ    
2003年10月18日、ポーランド・ラドム生まれ。3歳のときから母親とともにイタリアのパレルモで育つ。
<監督のコメント>
キャスティングディレクターのマウリリオ・マンガ―ノから、彼がある中学校で出会った12歳の少女ユリア・イェドリコヴスカとのビデオインタビューの映像を見せられた。映像は、ユリアがカメラの前まで歩いてくるところから始まった。ほんのわずかな距離だったが、まるでルナの出現を見たような、待ちに待った発見の瞬間だった。彼女の歩き方ですら、私たちが何か月も探し求めていた少女ルナそのものだった。知的で、年齢より大人びていて、一人でいることを好むユリアは、何事にもめげなかった。
2002年9月25日、イタリア・パレルモ生まれ。最も荒れた地域の一つであるダンニシッニで暮らしている。地元の教会区では馬を飼っていて、教会区の活動に積極的に参加する彼は、そこで馬の世話や乗り方を学んだ。
<監督のコメント>
2015年のクリスマスイブに、パレルモに暮らす一人の少年が、私たちのキャスティング事務所のドアをノックした。ガエターノ・フェルナンデスはそうやって突然現れたのだ。フェイスブックでオーディションのことを知った彼は、従兄に付き添ってもらっていたが、両親からの許諾所を持っていなかった。彼の賢さを見て取った私たちは、彼をそのまま帰す代わりに事務所に招き入れ、しばらくの間雑談をした。だが、私たちは彼を一目見た瞬間から、主役のジュゼッペを見つけたと確信していた。
1966年3月30日、イタリア・パレルモ生まれ。舞台監督の父と、ミュージシャンの母の間に生まれる。高校に進学した際ローマに移住。 芸術に専念し、大学では彫刻を専攻。ローマのアートギャラリーでの展示の後、ニューヨークでも成功を収めた。俳優としてのデビューは、エマヌエーレ・クリアレーゼ監督の長編映画処女作『Once We Were Straners』(97/未)。監督と友好関係を深め、『グラツィアの島』(02)、『新世界』(06)、『海と大陸』(11) とクリアレーゼ監督作品の常連俳優となる。自身も、『新世界』の演技で2007年ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞主演男優賞にノミネートされた。その他出演作に、ヴァレリア・ゴリーノ主演『School Is Over』(10/未)、『Darker Than Midnight』(14/未)、アンジェリーナ・ジョリー監督作『不屈の男 アンブロークン』(16)がある。
1975年3月25日、スイス・ベルン生まれ。 バレエダンサーとして、17歳の時にローザンヌ賞を受賞。1994年、バレエ学校を卒業後デュッセルドルフのドイツ・オペラ座やカルロッタ池田の舞踏団体「アリアドーネの会」で活躍。映画初主演のフィリップ・グレーニング監督作品『L'amour, l'argent, l'amour』(00/未)では、2000年ロカルノ国際映画祭でレオパード・ブロンズ賞を2001年のスイス映画賞にて最優秀女優賞を受賞している。2013年、兵庫県の安泰寺で撮影された映画『Zen for Nothing ~何でもない禅~』(16)に主演。その他出演作に、『僕の友達』(06/未)、『夏を行く人々』(14) 『The Chronicles of Melanie』(16/未)など。
ファビオ・グラッサドニアとアントニオ・ピアッツァはシチリア、パレルモ出身の脚本家兼監督コンビ。2010年、短編映画『Rita』(未)で監督デビューを果たした。二人が脚本と製作も兼ねたこの作品は、イタリアのみならず海外でもいくつもの最高賞に輝いた。長編映画デビュー作『狼は暗闇の天使』(2014年イタリア映画祭上映タイトル『サルヴォ』) で2013年カンヌ国際映画祭批評家週間グランプリを受賞した。米国を含む20か国で公開されたほか、世界各地の映画祭で上映された。『シシリアン・ゴースト・ストーリー』では、2017年カンヌ国際映画祭批評家週間のオープニングを飾り、2018年ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞脚色賞受賞をはじめとしてイタリアの主要映画祭のみならず、海外でも高い評価を受ける。また二人は、ベルリナーレ・レジデンシー、ロカルノ映画祭オープンドア、POWRバルチック・イベント、トリノ・フィルムラボ、カンヌ国際映画祭批評家週間ネクスト・ステップ、Nisi Masa ESPなど、ヨーロッパの主要機関で若手脚本家たちのコンサルタントも務めている。
1958年12月9日、イタリア、ミラノ生まれ。1983年にカメラマンとしてのキャリアをスタート。撮影を手掛けた作品は、『トスカーナの贋作』(11)、『ある海辺の詩人』(11) 、『グレート・ビューティー/追憶のローマ』(13)、『最初で最後のキス』(16)など。ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞を総なめにした『グレートビューティー/追憶のローマ』で、名カメラマンとしての地位を確立。本作では、2017年イタリア批評家協会賞撮影賞、2018年ゴールデンCIAK賞撮影賞を受賞。